2050年までに販売する自動車の全てを「電動車」へ

見出しのようなタイトルのニュースをテレビや新聞で見て驚かれた方も多いかと思うので、少し補足をします。
「自動車を2050年まで全て電動化」というのは経済産業省の有識者会議がまとめた中間報告であって、国の決定でも自動車メーカーの決定でもなく、あくまでも方針です。

詳細な内容は次の通りです。
経済産業省の有識者会議である自動車新時代戦略会議は、日本の自動車メーカーが生産・販売する自動車について、世界最高水準の環境性能を実現するため2050年までに日本の自動車メーカーが世界で販売する乗用車を、全て電気自動車やハイブリッド車など、モーターを使った「電動車」とする中間報告をまとまめした。
乗用車の温室効果ガスの排出量を50年までに、1台当たり2010年の水準に比べて約9割削減することを目指します。
会議にはトヨタ・ホンダ・日産などの経営陣も参加しましたが異論はなかったということです。

ちなみに、2017年の自動車販売台数に対する電動化の割合は日本は31.6%で、アメリカの4%、中国の3%などと比べても大きく先を行っています。


2018年7月26日
カテゴリー : 自動車の税金関連ニュース



[自動車保険おまかせ.com]
最適な保険を選んでいますか?
ちゃんと選べばリーズナブルな保険料で充実の保障!
[アメリカンホームダイレクト][ソニー損保][アクサ][三井ダイレクト]など人気の自動車保険が勢揃い
インターネットで簡単お見積り。プランの設計も自由自在。
[自動車買取おまかせ.com]
複数の車買取業者の見積りを一度に請求できます。
[ガソリンカードおまかせ.com]
お得に給油できる人気のガソリンカード
menuへ ページのトップへ