エコカー減税で車検も安くなる!

車検のイメージ
エコカー減税といえば購入時の税金が安くなることをイメージされる方が多いと思います。
確かに、購入時の自動車重量税と自動車取得税が免税になり、10万円ほど支払い総額が少なくなるのでかなりお得です。
また自動車税も新車で購入した翌年分は最大で50%減になるのでお得です。
※自動車税の減税は新規登録の翌年分のみ
エコカー減税
しかし、意外と知られていないのが車検代に差がつくことです。
今回はその仕組みを見ていきます。

スポンサーリンク



車検とは

正式名称は車両検査といい、道路運送車両法で定められている定期検査のことです。
新車で購入した場合(新規登録)は登録から3年後に最初の車検を受けることになります。
2回目以降の車検は2年ごとです。

車検料金の内訳

某大手の車検取扱い業者の表示は以下のようになっています。
・車検基本料金 14,040円
・自動車重量税 24,600円
・自賠責保険料 25,830円
・印紙代等 1,100円~
・車検総額計 65,570円~
・プラス 追加整備代

この中での注目は[自動車重量税]です。
自動車重量税以外はエコカー減税の対象・非対象で金額に違いはありません。
そして自動車重量税の占める割合は総額65,570円の内24,600円にもなります。
通常、自動車重量税は車検の際に車検業者が代行して納税をするので、税金を納めているという感覚がない方が多いかもしれません。
しかし、2年に1度必ず納めているのです。

エコカー減税対象車の車検費用が安い訳

車検費用には自動車重量税が含まれます。
自動車重量税の金額は車両重量によって決められます。
自動車重量税の仕組み

エコカーの代名詞にもなっている[トヨタ アクア]は車両重量が1100kgですので、比較のため車両重量1100kgのエコカー減税対象車と非対象車の税額を比較すると、
対象車 15,000円
非対象車 24,600円
となり、9,600円の差があります。

先ほどの某大手車検業者の料金に当てはめてみると、
・車検基本料金 14,040円
・自動車重量税 15,000円
・自賠責保険料 25,830円
・印紙代等 1,100円~
・車検総額計 55,970円~
・プラス 追加整備代
となり、自動車重量税の差額がそのまま車検料金の差額になります。

2年ごとに約1万円の節税を多いと感じるか少ないと感じるかは人それぞれかと思いますが、エコカー減税対象車は車検費用も安くなるというのは知っておいて損はないと思います。


2018年6月6日
カテゴリー : お役立ち情報



[自動車保険おまかせ.com]
最適な保険を選んでいますか?
ちゃんと選べばリーズナブルな保険料で充実の保障!
[アメリカンホームダイレクト][ソニー損保][アクサ][三井ダイレクト]など人気の自動車保険が勢揃い
インターネットで簡単お見積り。プランの設計も自由自在。
[自動車買取おまかせ.com]
複数の車買取業者の見積りを一度に請求できます。
[ガソリンカードおまかせ.com]
お得に給油できる人気のガソリンカード
menuへ ページのトップへ