環境性能割

「環境性能割(かんきょうせいのうわり)」は現在課税されているの「自動車取得税」に代り導入が予定されている自動車に関する税金です。
自動車取得税

導入が予定されている時期

消費税が10%に引き上げられる際に自動車取得税は廃止され、環境性能割が導入されます。
2019年1月25日現在、消費税の10%への引き上げは2019年10月に行われる予定なので環境性能割の導入も2019年10月からが予定されています。

課税対象

自動車と軽自動車を取得した時。
取得には売買だけではなく譲渡も含まれます。
新車(新規登録の自動車)、中古車に関わらず課税の対象

これらの課税対象は自動車取得税から変更ありません。







環境性能割の税率

平成27年度燃費基準と平成32年度燃費基準の達成度に応じて、非課税(0%)、1%、2%、3%が課税されます。
平成27年度・平成32年度燃費基準

対象車
税率
プラグインハイブリッド車
電気自動車
燃料電池車
クリーンディーゼル車
平成32(2020)年度燃費基準値+20%達成車
非課税(0%)
平成32(2020)年度燃費基準値+10%達成車 など
1%(軽自動車と営業用は非課税
※2019年10月1日から2020年9月30日までは非課税(0%)
平成32(2020)年度燃費基準値達成車
2%(軽自動車は1%、営業用は0.5%
※2019年10月1日から2020年9月30日までは1%(軽自動車は非課税、営業用は0.5%
平成27(2015)年度燃費基準値+10%達成車
3%(軽自動車は2%、営業用は1%
※2019年10月1日から2020年9月30日までは2%(軽自動車は1%、営業用は1%
上記以外の自動車
3%(軽自動車は2%、営業用は2%
※2019年10月1日から2020年9月30日までは2%(軽自動車は1%、と営業用は2%

平成31年度税制改正大綱

環境性能割の計算

新車の場合
取得価額に環境性能割の税率を掛けたものが税額になります。
取得価額※×環境性能割の税率=税額

※取得価額は、財団法人地方財務協会の「自動車取得税の課税標準基準額及び税額一覧表」に記載されている金額で、概ね新車価格の90%となります。

中古車の場合
課税標準基準額×残価率※=取得価額(1,000円未満切捨て)
※残価率とは初度登録年又は初度検査年から取得までの年数に応じた料率です。
残価率(自家用の普通車&小型車)

経過年数 1年 1.5年 2年 2.5年 3年 3.5年 4年
残価率 0.681 0.561 0.464 0.382 0.316 0.261 0.215
経過年数 4.5年 5年 5.5年 6年
残価率 0.177 0.146 0.121 0.100

残価率(軽自動車)

経過年数 1年 1.5年 2年 2.5年 3年 3.5年 4年
残価率 0.562 0.422 0.316 0.237 0.177 0.133 0.100

※経過年数は1月1日~6月30日までの取得は0.5年、7月1日 ~12月31日までの取得は1年で計算


2019年1月25日
カテゴリー : 自動車取得税, 車体税制関連



[自動車保険おまかせ.com]
最適な保険を選んでいますか?
ちゃんと選べばリーズナブルな保険料で充実の保障!
[アメリカンホームダイレクト][ソニー損保][アクサ][三井ダイレクト]など人気の自動車保険が勢揃い
インターネットで簡単お見積り。プランの設計も自由自在。
[自動車買取おまかせ.com]
複数の車買取業者の見積りを一度に請求できます。
[ガソリンカードおまかせ.com]
お得に給油できる人気のガソリンカード
menuへ ページのトップへ