与党・自民、公明両党は2019年度税制改正大綱を発表しました。 このページでは自動車関連税制について整理します。 自動車税 2019年10月1日以降に新規登録(新車で購入)の場合、全ての排気量で自動車税を引き下げ ※最大で4,500円/年 ※小型車ほど減税額が大きくなる 減税の例 軽自動車税は変更し 
…記事を読む


政府・与党は自動車税を減税する方針を固め、公明党との調整を経て2019年度税制改正大綱に盛り込むことになるようです。 減税の内容については 先日の報道の通り、消費増税後の2019年10月以降新規登録(新車で購入)の自動車 減税は恒久的に 減税は最大4,500円 排気量の小さい自動車ほど減税額が大きい 
…記事を読む


12月4日、報道各社が「政府と与党が2019年度税制改正で自動車税を引き下げる案を検討」と伝えています。 引き下げの内容は、19年10月以降の購入者から新たな税率を適用するというものです。 つまり、2019年9月以前に自動車を購入し保有している者に対しては現行の税率を適用し続け、10月以降に購入し保 
…記事を読む


2019年度税制改正に向けて出てきている情報をまとめておきます。 自動車税を恒久的に引き下げる 毎年のように自動車業界からの要望が出ていましたがこれまでは実現していません。 今回は消費税の10%への引き上げ時の販売減少への対策として実現されるでしょうか? →自動車税(2018年度現在) →軽自動車税 
…記事を読む


来年度(2019年度)の税制改正における自動車関連税制について日経新聞と時事通信が報道していました。 今回の記事ではそのまとめと、現行制度との比較をします。 2018年10月18日の日経新聞の報道では以下のようになっています。 目的は2019年10月の消費税の10%への引き上げ後の需要の落ち込みを防 
…記事を読む


今年も日本自動車工業会が自動車にかかる税金の軽減を求める税制改正要望を発表しました。 「今年も」と書いたのは日本自動車工業会はこのような要望はほぼ毎年出してるということです。 それに合わせて日本自動車工業会の豊田章男会長が会見を開き、 「日本の(自動車)ユーザーは世界一高いレベルの税金を負担している 
…記事を読む


見出しのようなタイトルのニュースをテレビや新聞で見て驚かれた方も多いかと思うので、少し補足をします。 「自動車を2050年まで全て電動化」というのは経済産業省の有識者会議がまとめた中間報告であって、国の決定でも自動車メーカーの決定でもなく、あくまでも方針です。 詳細な内容は次の通りです。 経済産業省 
…記事を読む


日産 リーフ(新車)を2017年5月に登録した場合 エコカー減税対象車(翌年度の自動車税:75%減税、購入時の自動車重量税・取得税:免税) 排気量:- 車両重量:1430kg 参考購入価格:280万円 ※自動車取得税の課税標準にはオプションの価格も含まれます 自動車税 購入時:29,500円※ 購入 
…記事を読む


「3ナンバーは税金が高い」と思いの方がいるかもしれません。 特に40代以上の方には多いのではないのでしょうか? 実は3ナンバーだから税金が高いとか5ナンバーだから安いということはありません。 3ナンバーか5ナンバーかは車体のサイズと排気量によって決まります。 車体のサイズ[全長4700mm/全幅17 
…記事を読む


2017年11月の登録車※1・軽自動車の新車販売台数は406,860台で前年同月比97.4%でした。(日本自動車販売協会連合会、全国軽自動車協会連合会) 登録車は258,164台(94.6%)、軽自動車が148,696台(102.9%)となっています。 登録車と軽自動車を合わせた国内新車販売台数が前 
…記事を読む



[自動車保険おまかせ.com]
最適な保険を選んでいますか?
ちゃんと選べばリーズナブルな保険料で充実の保障!
[アメリカンホームダイレクト][ソニー損保][アクサ][三井ダイレクト]など人気の自動車保険が勢揃い
インターネットで簡単お見積り。プランの設計も自由自在。
[自動車買取おまかせ.com]
複数の車買取業者の見積りを一度に請求できます。
[ガソリンカードおまかせ.com]
お得に給油できる人気のガソリンカード
menuへ ページのトップへ