新着記事

来年度(2019年度)の税制改正における自動車関連税制について日経新聞と時事通信が報道していました。 今回の記事ではそのまとめと、現行制度との比較をします。 2018年10月18日の日経新聞の報道では以下のようになっています。 目的は2019年10月の消費税の10%への引き上げ後の需要の落ち込みを防 
…記事を読む


今年も日本自動車工業会が自動車にかかる税金の軽減を求める税制改正要望を発表しました。 「今年も」と書いたのは日本自動車工業会はこのような要望はほぼ毎年出してるということです。 それに合わせて日本自動車工業会の豊田章男会長が会見を開き、 「日本の(自動車)ユーザーは世界一高いレベルの税金を負担している 
…記事を読む


画像:HONDA様より フルモデルチェンジをして登場したホンダ[CR-V]の車体にかかる税金について、ベースグレードの[1.5 EX]、ハイブリッド2.0の[ハイブリッド EX マスターピース]の2モデルを紹介します。 ホンダ CR-V[1.5 EX]を2018年10月に登録した場合 エコカー減税非 
…記事を読む


画像:スバル様より スバル フォレスターを2018年8月に登録した場合 エコカー減税非対象車 発売:2018年7月 グレード:2.5 ツーリング 4WD 車両形式:5BA-SK9 排気量:2498cc 車両重量:1520kg 参考購入価格:281万円(消費税8%込) ※自動車取得税の課税標準にはオプ 
…記事を読む


画像:フォルクスワーゲンジャパン様のサイトより フォルクスワーゲン POLO(ポロ)を2018年7月に登録した場合 エコカー減税非対象車 発売:2018年3月 グレード:TSIコンフォートライン 車両形式:ABA-AWCHZ 排気量:999cc 車両重量:1160kg 参考購入価格:230万円 ※自 
…記事を読む


見出しのようなタイトルのニュースをテレビや新聞で見て驚かれた方も多いかと思うので、少し補足をします。 「自動車を2050年まで全て電動化」というのは経済産業省の有識者会議がまとめた中間報告であって、国の決定でも自動車メーカーの決定でもなく、あくまでも方針です。 詳細な内容は次の通りです。 経済産業省 
…記事を読む


自動車保険には「ノンフリート等級制度」というシステムがあり、契約者の現在の等級によって次年度の保険料の割引率・割増率が決められています。 等級と保険料の割引率・割増率 等級には1等級から20等級まであり、最低の1等級の場合は保険料が64%の「割増」になり、最高の20等級は63%の「割引」が受けられま 
…記事を読む

お役立ち情報  

中古車を購入した場合や知人から譲り受けた場合なども「取得価額」が50万円を超える場合には登録の際に自動車取得税を納めなくてはなりません。 ここで注意が必要なのは「取得価額」です。 取得価額=車を購入する際に実際に支払った金額 ではありません。 例えば、親からただで貰ったから取得価額が0円という訳には 
…記事を読む

自動車取得税  

トヨタ カローラスポーツ基本情報 2018年6月デビュー 1800ccハイブリッドと1200ccターボをラインナップ 1800ccハイブリッドはエコカー減税対象 1200ccターボはエコカー減税非対象 カローラスポーツ 1.8ハイブリッドGを購入した場合の税金 エコカー減税対象車(翌年度の自動車税: 
…記事を読む


旧車の人気は続いていて、いつかは旧車に乗ってみたいという方も多いのではないでしょうか? もちろん旧車に乗るからにはメンテナンス等の費用は現行の車よりも高くつくことは覚悟していると思いますが、 どんなに上手に・丁寧に管理したとしても絶対に費用が現行車よりも高くなるものが税金です。 今回はその税金につい 
…記事を読む

お役立ち情報  

スポンサーリンク


[自動車保険おまかせ.com]
最適な保険を選んでいますか?
ちゃんと選べばリーズナブルな保険料で充実の保障!
[ソニー損保][アクサダイレクト][SBI損保][三井ダイレクト]など人気の自動車保険が勢揃い
インターネットで簡単お見積り。プランの設計も自由自在。
[自動車買取おまかせ.com]
複数の車買取業者の見積りを一度に請求できます。
[ガソリンカードおまかせ.com]
お得に給油できる人気のガソリンカード
menuへ ページのトップへ