自動車税をnanacoで支払う

自動車税の各種支払い方法は[→ 自動車税について]を見ていただくとして、一番お得ではないかと思っている[nanaco]での支払いについて書いてみたいと思います。

なぜnanacoで支払うが得なのか

自動車税の支払い方法なかで、ポイントが貯まるのは、[クレジットカード]か[nanaco]だけです。
クレジットカード支払いだとポイントが付くのですが、支払の際に手数料が必要になるので差し引きでほとんど得にはなりません。
自動車税をクレジットカードで支払いました

nanacoで支払いをすると、支払い自体にはポイントは付きませんが、nanacoにクレジットカードでチャージをする際にクレジットカードのポイントが付きます。
nanacoでの支払いにもチャージにもは手数料はかかりませんので、獲得したポイントがそのままお得になります。

nanacoカードの購入には300円が必要なので初年度は差し引きでマイナスですが、2年目からはプラスになるので自動車の保有を続ける予定があり、クレジットカードのポイント付与の条件が改悪されなければは長い目で見てお得だと思います。
※nanaco購入や初回入金でで200~300ポイントがもらえるキャンペーンをしていることがあるのでその時であれば初年度からお得です。

nanacoへのチャージ

nanacoにチャージをしてポイントが付くカードとポイントが付かないカードがあるので注意が必要です。
ポイントが付くカードは
・リクルートカード(VISA・JCB・MasterCard)
・Yahoo! JAPANカード(JCB)
・セブンカード・プラス(VISA・JCB)
・ファミマTカード(JCB)
・JMBローソンPontaカード(VISA)
です。
※当方調べなので念のため各クレジットカードへ確認をしてください。
※これ以外にもnanacoへのチャージでポイントが付くカードがあるかもしれません。

ポイントの加算条件やどのポイントが付くかは各カードによって異なります。
例えば[リクルートカード]の場合は、[Pontaポイント]が獲得できます。
ポイントの還元率は1.2%です。(100円で1.2ポイント)
ただし、チャージでポイントが獲得できるのは1か月あたり3万円までです。
1か月に5万円チャージした場合、ポイントの対象になるのが3万円なので獲得できるポイントは360ポイントです。

Yahoo! JAPANカードの場合は還元率は0.5%で[Tポイント]が獲得できます。

還元率一覧
・リクルートカード(VISA・JCB・MasterCard):1.2%
・Yahoo! JAPANカード(JCB):0.5%
・セブンカード・プラス(VISA・JCB):0.5%
・ファミマTカード(JCB):0.5%
・JMBローソンPontaカード(VISA):0.5%

実際にnanacoで自動車税を支払ってみる

所有しているプリウスは自動車税の金額が39,500円です。
自動車税の早見表

ここでどのカードで支払うと一番ポイントを獲得できるかを考えます。
保有しているカードは
リクルートカードの場合は4万円チャージしてポイントの対象となるのが3万円なので3万円×1.2%で360ポイント
他のカードの場合は4万円×0.5%で200ポイント
ということで今回はリクルートカードで支払います。

PC、スマートフォンでnanaco会員メニューにログイン

クレジットカードを登録
↓ ※24時間経過後
クレジットカードで金額を指定してチャージ

セブンイレブンのレジかATMでnanacoの残高確認をするとチャージした分がnanacoに反映される

自動車税の納付書をレジに出して、nanacoで支払う旨を伝える

納付書に受付印を押してもらい受け取る

以上で自動車税のnanaco支払いは完了です。
自動車税の納付期間は毎年5月です。
クレジットカードの申し込みから使えるようになるまで1か月ほどかかる場合があるので、チャージでポイントが貯まるカードをお持ちでない方はお早めにクレジットカードのご用意をされておくと良いと思います。


2018年6月13日
カテゴリー : お役立ち情報



[自動車保険おまかせ.com]
最適な保険を選んでいますか?
ちゃんと選べばリーズナブルな保険料で充実の保障!
[アメリカンホームダイレクト][ソニー損保][アクサ][三井ダイレクト]など人気の自動車保険が勢揃い
インターネットで簡単お見積り。プランの設計も自由自在。
[自動車買取おまかせ.com]
複数の車買取業者の見積りを一度に請求できます。
[ガソリンカードおまかせ.com]
お得に給油できる人気のガソリンカード
menuへ ページのトップへ