13年経過の自動車税

自動車税13年経過イメージ
初度登録から13年経過したガソリン車とLPG車は自動車税が15%重課されます。
また、初度登録から11年経過したディーゼル車は自動車税が15%重課されます。
自動車税のグリーン化
※電気自動車、燃料電池自動車、天然ガス自動車、メタノール自動車、ガソリンハイブリッド自動車、一般乗合バス及び被けん引車については、重課の適用外

初度登録・・・運輸支局(軽自動車は軽自動車検査協会)に初めて登録申請し受理された年月。



13年経過の自動車税額早見表・年税額
(乗用・自家用)
区分
13年経過
乗用車
総排気量1リットル以下
33,900円
総排気量1リットル超
1.5リットル以下
39,600円
総排気量1.5リットル超
2リットル以下
45,400円
総排気量2リットル超
2.5リットル以下
51,700円
総排気量2.5リットル超
3リットル以下
58,600円
総排気量3リットル超
3.5リットル以下
66,700円
総排気量3.5リットル超
4リットル以下
76,400円
総排気量4リットル超
4.5リットル以下
87,900円
総排気量4.5リットル超
6リットル以下
101,200円
総排気量6リットル超
127,600円
スポンサーリンク

13年経過の自動車税額早見表・月割り税額
(乗用・自家用)
自動車税月割りの制度について
自動車税の月割り

排気量 1000cc以下 (乗用車・自家用):年税額33900円
4月
5月
6月
7月
31,000円 28,200円 25,400円
22,600円
8月
9月
10月
11月
19,700円
16,900円
14,100円
11,300円
12月
1月
2月
 
8,400円
5,600円
2,800円
 

排気量 1000ccを超え1500cc以下 (乗用車・自家用) :年税額39600円)
4月
5月
6月
7月
36,300円 33,000円 29,700円
26,400円
8月
9月
10月
11月
23,100円
19,800円
19,800円
13,200円
12月
1月
2月
 
9,900円
6,600円
3,300円
 

排気量 1500ccを超え2000cc以下 (乗用車・自家用):年税額45,400円
4月
5月
6月
7月
41,600円 37,800円 34,000円
30,200円
8月
9月
10月
11月
26,400円
22,700円
18,900円
15,100円
12月
1月
2月
 
11,300円
7,500円
3,700円
 

排気量 2000ccを超え2500cc以下 (乗用車・自家用):年税額51,700円)
4月
5月
6月
7月
47,300円 43,000円 38,700円
34,400円
8月
9月
10月
11月
30,100円
25,800円
21,500円
17,200円
12月
1月
2月
 
12,900円
8,600円
4,300円
 

排気量 2500ccを超え3000cc以下 (乗用車・自家用):年税額58,600円)
4月
5月
6月
7月
53,700円 48,800円 43,900円
39,000円
8月
9月
10月
11月
34,100円
29,300円
24,400円
19,500円
12月
1月
2月
 
14,600円
9,700円
4,800円
 


13年経過の軽自動車税早見表
区分
13年経過
軽自動車
(四輪以上)
乗用(5ナンバー)の
自家用
12,900円

13年、18年経過の自動車重量税

初度登録から13年経過した自動車は自動車重量税が重課され、18年経過した自動車はさらに重課されます。

13年経過した自動車の自動車重量税早見表
区分
車両重量
車検有効期間2年
13年経過車
0.5トン以下
11,400円
~1トン
22,800円
~1.5トン
34,200円
~2トン
45,600円
~2.5トン
57,000円
~3トン
68,400円

18年経過した自動車の自動車重量税早見表
区分
車両重量
車検有効期間2年
18年経過車
0.5トン以下
12,600円
~1トン
25,200円
~1.5トン
37,800円
~2トン
50,400円
~2.5トン
63,000円
~3トン
75,600円

13年経過した軽自動車の自動車重量税早見表
区分
車検有効期間2年
13年経過車(軽)
8,200円

18年経過した軽自動車の自動車重量税早見表
区分
車検有効期間2年
13年経過車(軽)
8,800円

平成30年度(2018年度)からの重課の対象

ディーゼル車・・・
平成19年3月31日以前に新車新規登録されもの
ガソリン車・LPG車・・・
平成17年3月31日以前に新車新規登録されたもの
※先にも記載した通り、電気自動車、燃料電池自動車、天然ガス自動車、メタノール自動車、ガソリンハイブリッド自動車、一般乗合バス及び被けん引車については、重課の適用外です。
例:平成16年10月に初度登録されたトヨタ・プリウス(NHW20)は重課の対象となりません。

関連項目
自動車税の早見表
自動車税について
月割りの自動車税
旧車は自動車税と重量税が高くなってしまう?


[自動車保険おまかせ.com]
最適な保険を選んでいますか?
ちゃんと選べばリーズナブルな保険料で充実の保障!
[アメリカンホームダイレクト][ソニー損保][アクサ][三井ダイレクト]など人気の自動車保険が勢揃い
インターネットで簡単お見積り。プランの設計も自由自在。
[自動車買取おまかせ.com]
複数の車買取業者の見積りを一度に請求できます。
[ガソリンカードおまかせ.com]
お得に給油できる人気のガソリンカード
menuへ ページのトップへ