車買取

自動車買取比較のメリット:
・複数社の買取見積りを一度に請求することができます。
・一番条件の良い自動車買取の会社を選ぶことができます。
車種名・年式などの自動車の情報が必要ですので車検証をご用意ください。

中古車買取|複数社一括かんたんお見積り

車を売るなら下取りか複数社一括査定か

車を売る時によく言われることがあります。下取りに出したほうがいいのか?
それとも一括査定に出したほうがいいのか?
ネット上では一括査定に出したほうがいいと書かれていうことが多いと思います。

車を高く買い取ります‼と言われても、いくらかわからないし、下取りが安いと言われてけど、本当に安いのか?
というのも正直わからないです。
というか、面倒です。

そんな方ために、下取りと複数社一括査定のメリットとデメリットを紹介します。

スポンサーリンク



複数社一括査定のメリットとデメリット

まず、簡単に記載します。

【複数社一括査定のメリット】
・たくさんの見積が取れる
・多くの買取業者が参加するのでオークション形式のようになり、本当の市場での価値に近い価格がわかる
・買取金額が高い

車を複数社一括査定のメリットは複数の買取業者の見積もりを取れることです。
相見積もりになるため、買取価格が良くなる可能性があります。
もう一つは、下取りに比べると買取価格が高いことです。
下取りで値段がつかなかった車が売れる可能性があります。

【複数社一括査定のデメリット】
・一括査定に参加しているたくさんの業者に対応することになる(10社程度)
・手続きが少々面倒

複数社一括査定のデメリットは、買取業者への対応です。
見積もりをした瞬間にたくさんの営業会社から電話がかかってきて、実際に売却予定の自動車を見てもらうことになります。
10社近くの見積もりをとった場合、そのひとつひとつに対応しなくてはなりません。
もちろん電話口で実車の確認を断ることもできます。
数社の約束をしたからもういいやと思った時点で断ることもできます。

また、向こうは中古車査定と販売のプロ、うまいこと説得をされて本当の価格よりも安く売ってしまうことも考えられます。
業者とはしっかりと交渉する、安易に決定しないことが大切だと思います。

下取りのメリットとデメリット

【下取りのメリット】
・安心して車の処分ができる
・ディーラーとの信頼関係ができる

下取りを出す最大のメリットは、簡単な手続きで売却できることです。
ディーラーで新車や中古車を購入する場合は、車の買い替えが前提です。
このため、年式の古い車や走行距離が長い車でも安心して引き取ってもらえます。

ディーラーで手続きも代行してくれるため、必要な書類があれば、大丈夫です。
また、下取りを繰り返すことで、ディーラーとの信頼関係が生まれます。

ディーラーは車を販売するのが仕事だからです。
ディーラーで車を買うことで、メンテナンスや車の情報などのアフターフォローが充実します。

【下取りのデメリット】
・下取り金額が安い

下取りのデメリットは下取り金額が安いことです。
下取り査定の基準がレッドブック基準だからです。
レッドブックは車の車両価値が書いており、保険会社も使っているほどです。
このようなことから、中古車相場より、下取り金額は安くなる傾向があります。

めんどくさがり屋な人は下取りと複数社一括査定は、どっちがいいの?

ディーラーで下取りに出したほうがいいです。
手続きも代行してくれますし、下取りに出すことでメンナンスなどのアフターフォローが充実しています。
車を買ってくれるお客様として、末永くお付き合いができます。

反対に複数社一括査定は、めんどくさがり屋な人には向いていません。
複数社の営業電話の対応に苦労しますし、売った後も瑕疵担保期間中は、業者からの電話が怖いです。
もし、複数社一括査定を利用するなら、車に詳しい人に代行してもらうのも手です。
まとめ
・車の売却に気を使ったり時間を使ったりするのが嫌なら下取りがおすすめ
・高く売りたい・正当な市場価格で売りたいなら、複数社一括査定


2018年6月4日
カテゴリー : お役立ち情報



[自動車保険おまかせ.com]
最適な保険を選んでいますか?
ちゃんと選べばリーズナブルな保険料で充実の保障!
[アメリカンホームダイレクト][ソニー損保][アクサ][三井ダイレクト]など人気の自動車保険が勢揃い
インターネットで簡単お見積り。プランの設計も自由自在。
[自動車買取おまかせ.com]
複数の車買取業者の見積りを一度に請求できます。
[ガソリンカードおまかせ.com]
お得に給油できる人気のガソリンカード
menuへ ページのトップへ