自動車税の納税・申告・納税証明書
自動車税は 4月1日現在に自動車を所有している人に課されます。
年度途中で自動車を所有することとなった場合は、登録の際に陸運支局で申告し、
月割りした額を納めます。
(通常は購入したディーラーが手続きをします)
スポンサードリンク

割賦販売(ローン)で購入した場合などは、車検証上の所有者がディーラーやローン会社になっていることがありますが、この場合は使用者である買主に課税されます。

毎年4月下旬から5月の上旬にかけて 「自動車税納税通知書」が送られてきます。
(青森県・秋田県は6月上旬ころに納税通知書が送付されます。)
金額・納付期限・納付方法なども記入してありますのでそれに従って納付します。
郵便局や銀行、最近ではほとんどの都道府県でコンビニエンスストアでも納付できるようになっています。
※自動車税は都道府県税ですので、納付の方法は各都道府県ごとに決まっています。
※納税通知書を紛失した場合は自動車を登録した都道府県税事務所にお問合せください。

納税された時に、領収証書とは別に納税証明書(継続検査用)を受け取ります。
納税証明書は、車検を受けるときに必要ですので自動車検査証といっしょに保管してください。
車検を受ける際に必要なのは、車検を受ける年に支払った分の納税証明書です。
自動車を登録した都道府県で車検を受ける場合は納税証明書が無くても大丈夫な場合もあり、
また、車検を受けるディーラーなどが再発行の手続きを代行してくれる場合もありますので、
納税証明書を紛失している場合は事前に車検を受ける業者にお問合せください。
再発行が必要な場合は自動車を登録した都道府県税事務所にお問合せください。

自動車税の取扱いの一覧
事由 取扱い
新規登録
例:新車で購入
登録の月の翌月から3月末までの月割りで課税
※100円未満切捨て
所有者変更・転入・転出
例:中古車を購入、譲り受けた、引越しをした
4月1日現在の所有者に全額を課税
抹消登録
例:廃車にした場合
4月から抹消登録(廃車)にした月までの月割りで課税
※100円未満切捨て
自動車税の還付を参照
スポンサーリンク
引越しをした際の手続き
住民票を移しても自動車の定置場所の変更手続きは行われませんので、
引越しをして住所が変った場合は15日以内に変更の届出をしなくてはなりません。
変更手続き(変更登録)は管轄の運輸支局で行います。
必要なもの
変更登録申請書・・・運輸支局にあります
手数料納付書・・・運輸支局にあります
自動車検査証(車検証)
印鑑
自動車保管場所証明書(車庫証明)・・・証明の日から40日以内のもの
変更の事実を証する書面・・・個人の場合は住民票、法人の場合は商業登記簿・登記事項証明書

やむを得ず自動車の変更登録が遅れる場合は自動車税の住所変更手続きをします。
「自動車税納税通知書」に「自動車税住所変更届書」が同封されているのでそれを使えば郵送で手続きできます。
※インターネット上で手続きができたり、住所変更届をダウンロードできたりする都道府県が増えていますので一度引越し先の都道府県のホームページでご確認されるかお電話でお問合せをすると良いでしょう。

自動車税の納税通知書が届かず、納税し忘れていると車検を受けられず、滞納の処分を受ける場合もあるので住所変更の手続きは必要です。
自動車税を滞納した場合の処分
スポンサードリンク

[自動車保険おまかせ.com]
最適な保険を選んでいますか?
ちゃんと選べばリーズナブルな保険料で充実の保障!
[アメリカンホームダイレクト][ソニー損保][アクサ][三井ダイレクト]など人気の自動車保険が勢揃い
インターネットで簡単お見積り。プランの設計も自由自在。
[自動車買取おまかせ.com]
複数の車買取業者の見積りを一度に請求できます。
[ガソリンカードおまかせ.com]
お得に給油できる人気のガソリンカード
menuへ ページのトップへ